【北九州 探偵 浮気調査】メールやLINEは浮気の証拠になるの?

皆様こんにちは、福岡県北九州市、山口県下関市の探偵事務所【総合探偵社レオ】で御座います。

梅雨も明け夏真っ盛りとなりましたがいかがお過ごしでしょうか。
普段ですと海やプール等のレジャーで楽しい「夏」の時間を過ごしているのでしょうが、コロナウイルスの影響で今年はそうもいかず…自粛の「夏」になりそうですね、、、。

私の事務所はコロナウイルスの影響は多少ありますが有り難いことに『相談』に『調査』にと相変わらず忙しくさせております。

_____________________________________________

さて、浮気調査において、メールやLINEの内容は浮気の証拠になりますか?と聞かれることが多々あります。ですのでここで私の見解を述べたいと思います。

相談者様からはこの証拠があれば、裁判になっても勝てますよね?とよく聞かれます。
一般的な内容は「愛してる」「早く会いたい」「次いつ会う」「結婚したい」等々です。

上記の文章は客観的に見て誰もが浮気をしているとわかる内容ですので、夫婦間ではもうアウトでしょう。
メールやLINEを見た時にパートナーを追及して浮気を認めさせれば【自供も証拠】になりますので一番早い解決方法です。
しかし実際はそうはうまくはいかず、パートナーに浮気を追及すると「逆切れ」「友達」「遊び」と、その場をどうにかして逃れます。
ですので行為の様子の写真でもないと証拠としては弱いのです。

中には強気の弁護士がメールやLINEの内容だけで戦う方もおられますが、言い逃れをされていい結果にはなりません、、、。

不貞行為の証拠とは。
「誰が?」夫、妻が。
「誰と?」特定の異性と。
「どこで?」ラブホテル又は異性の自宅で。
「何をしていた?」何時何分から何時何分まで居た。
このように具体的に浮気相手と親密さがわかる証拠を押さえて、パートナーや浮気相手に言い訳をさせないことが重要になります。

メールやLINEの内容を見てしまった方は、どうか感情的にならず一度ご相談して頂けると幸いです。

_____________________________________________

当事務所総合探偵社レオは、代表者の私が現役の行政書士で御座います。
ですのでどうかご安心してご相談ください。

又調査力においても複数のTVメディアからも選ばれ、困難な案件を解決してきた実績もございますのでそちらもご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)