【北九州,探偵,調査】厄介な案件2 ウソがばれた一瞬のスキ、、、。

皆様こんにちは、福岡県北九州市、山口県下関市、大分県大分市にある探偵事務所【総合探偵社レオ】の三原です。

日本各地でコロナウイルスの感染拡大が凄いことになってきましたね。
私の地元福岡県では本日3度目の緊急事態宣言出されました。
期間は5月12日から31日までのようで宣言期間は、前回と同じように飲食店の営業が午後8時までになるようです。

この先どうなることやら、コロナ過本当に早く終わってほしいものです。

さて、前回の続きで。
仕事中にケガをして会社に対して損害賠償を請求してきた男の話になります。

男の嘘を暴くため日中の行動調査を行ってきたものの、証拠は全く撮れず次は夜間の行動を調査してみることにしました。

平日夜間の男の行動はジャージ姿でコンビニに行く程度で全く証拠を掴むことができませんでした。

依頼者ともうダメか、、、と諦めかけていた週末。

おしゃれな格好をして自宅から出てきた男、いつもと同じようにタクシーに乗り移動を開始。
男が乗ったタクシーを尾行すると、とある繁華街にてタクシーから降り居酒屋に入っていきました。

私達も後を追って入っていきましたが、全てのテーブルが個室の居酒屋、店内の状況を確認することは諦めて私達は店外で張り込みます。

入店から3時間後、男は別の男性3人と計4人で店から出て繁華街を徒歩で移動。

男は、大きな声で騒いでいるのと、雰囲気からして酔っぱらっている事が確認ができました。

男は歩きながら友人達と会話をする際に、大きく右手を使いジェスチャーなどをしている姿は撮影できましたが、右手を肩から上にあげることはなく、これじゃ証拠として弱い、、、。

その後、男達は雑居ビルにあるスナックへと入っていきました。

男達がスナックへ入ってから30分後。
私達も店内に突入しコンパニオンとお酒を飲む男を確認、小型カメラで店内の男の行動を全て撮影します。

しかし、店内で男が普通に右手を使っている証拠は撮れますが、右手を肩から上にあげることは一切ありませんでした、、、。

深夜にスナックから出た男達は帰宅モード、各々停まっているいるタクシーに乗り移動を始めました。

男はその場ではタクシーに乗らずに友人達と別れて一人で近くにあるコンビニへ。

飲料水を購入し店から出て来た男は、流しのタクシーを探していました。

もうダメか、、、と思ったその時!

男がタクシーを止めようと右腕を高々と上げているではありませんか!!

もちろん証拠の撮影は完璧です。

男が止めようとしたタクシーは予約者で停車はしませんでした。

男は再び流しのタクシーを待ちます。

一時して男はタクシーを止めようとまた右手を高々と上げました!!

男は酔って普通に右手を使ったのでしょう、これで弁護士からのミッション、右手を肩から上にあげている証拠の撮影は完璧です。

この証拠を基に弁護士は男を詐欺罪で告訴する旨を男の弁護士に通知。

後日話し合いの結果、損害賠償請求は取り下げる、今後一切会社に対して迷惑をかけない、探偵の調査費用の支払い、見舞金の返金などを制約し示談となりました。

弁護士からはまた何かあったらお願いします。

と言われましたが、どう転ぶかわからない厄介な案件はもうこりごりです。(笑)

それではまた。

 


総合探偵社レオは、あなたの街の法律家の行政書士が運営している探偵事務所です。
ですのでどうぞご安心してご相談ください。

 


 

テレビメディアからも選ばれ困難な依頼を解決してきた実績もございます。

調査力においてもどうぞご安心ください。