【北九州,探偵,浮気調査】対象者から尾行がバレて警戒されてしまった探偵。。。

当ホームページへお越しいただき有難うございます。

福岡県北九州市、山口県下関市、大分県大分市にある探偵事務所【総合探偵社レオ】の三原です。

九州も一時期極寒でしたが少しずつ暖かくなってきましたね、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私の探偵事務所は、ありがたいことに、浮気調査や、家出人の捜索、コロナ過においても変わらず日々忙しくさせて頂いております。(毎日スタッフがコロナウイルスに感染しないことを祈っていますが…)

皆様もコロナウイルス感染にはどうぞお気を付けください。

さて、少し前の浮気調査のお話になりますが、、、。

他社に夫の浮気調査を依頼したお客様が調査結果に不信感を抱き、その報告書を持って当事務所に来られました。

その探偵事務所「調査員は3名で調査するので失敗はまずありません。」と豪語していたようで調査費用は高額でしたが信頼して浮気調査の依頼をすることに…

その報告書を拝見させて頂くと

①勤務先から調査を開始し対象者を確認した後に尾行を開始。

②それから第二対象者の女性と合流後、とあるお店に入店する。

③数時間してからお店から出て来る対象者、第二対象者。

④調査員に気が付きカメラ目線の第二対象者、それからカメラの方を指さす。

⑤カメラの方を睨みつける2人。

⑥対象者は調査開始時点から警戒していた為追跡するのは困難な状況、これにて調査を終了する。

このような感じの報告書でした。

このような調査報告書で依頼者が納得できないのは当然の事なのかと思います。

私同じ探偵として疑問点が3点。

●お店に入るまでは尾行も撮影も問題なくできていましたので、調査開始から警戒していたのは信憑性に欠ける言い訳です。

●当事務所が調査員3名で調査すると証拠を取る調査員が3名おりますので、色々な角度から撮影できます。なので報告書のクオリティーはかなり高いものになります。

しかし、その報告書を見る限り常に1名の調査員が尾行し撮影しているようにしかとうてい思えません。調査員を水増しし、多めに調査費用を請求する探偵事務所なのかと、、、。

それから、対象者がお店から出て来る姿を撮影する時も、調査員が3名いるとしたらお店の前は避けて離れた場所で張り込むことができます。逆に調査員が1名であれば一時も目が離せないのでお店の前で張り込む事になります。

おそらく1名で調査を行っていて、お店の前で張り込むしか方法がなく、そこで調査対象者に探偵と気が付かれたのではないのでしょうか。

●最後に対象者に指さされ、探偵と気が付かれた後の行動が理解できません。

調査員が3名いるから1名バレても他に調査員がいるから大丈夫という選択肢は、調査員が1名なのであり得ません。であれば細心の注意を払って絶対に対象者の視界に入らないようにしないといけません。
その絶対的なタブーを犯して対象者に探偵とバレてしまった、それだけではなくバレたその後も撮影、尾行を続けてしまっている、、、。

これは凄いことで対象者に探偵と”バレ”てしまっている事に、まさかの探偵が気が付かない!
なのでその状況を報告書に載せることが出来る「鈍感力」これは同じ探偵として恐ろしいものがあります。普通の探偵ならトラウマになるレベル…

その後当事務所で調査致しましたが、やはり警戒していて一切尻尾を掴むことが出来ませんでした。

探偵選びを失敗すると大きな損害が発生いたしますので、よく考えてから依頼することをお勧めします。

それではまた、良い一日を。


 

総合探偵社レオは私、三原が行政書士でございます。

ですのでどんな小さなお悩みから、法的な分野のお悩みまで、どうぞご安心してご相談ください。

 


 

私共総合探偵社レオは、テレビメディアからも選ばれ困難な案件を解決してきた実績もございます。

ですので調査力においてもどうぞご安心ください。