【北九州 下関 探偵】「THE犯罪特捜ファイル」詐欺師を追跡&追求致しました!

福岡県北九州市の探偵事務所【総合探偵社レオ】でございます。

「悪い奴を見逃すな!THE犯罪特捜ファイル」に出演しシングルマザーから741万円騙し取った詐欺男を追跡&追求致しました。

人の善意に付け込み言葉巧みに金品を騙し取る詐欺師、絶対に許されません。
しかし「私は絶対に騙されないから大丈夫」と思っていてもなぜか騙されてしまう、、、。

そこで「ナゼ詐欺師に高額なお金を騙し取られるの?」と言う声が多数ありましたので皆様が騙されない為にも、騙されてしまう側の心理を説明しておきます。

●ナゼ詐欺師に騙されてしまうのか?

まず、あなたは知人から突然「お金を貸して下さい。」と言われたら自分から「理由」を聞きますか?

自分から「理由」を聞いてしまう方は要注意、気を付けられたほうがいいでしょう。
なぜなら自分から理由を聞いてしまうと、あなたが詐欺師に対して同情してしまう理由や、安心させる為に後でまとまった金が入ってくるから絶対に大丈夫等、詐欺師は長い時間を掛け言葉巧みにあなたからお金を借りようとしてきます。そして長い時間詐欺師の話を聞いてしまったあなたは、「二人だけの秘密、凄くプライベートな話を聞いてしまった。」と心理的に断るのが申し訳ない気持ちになり貸す方向へと向かって行くのです。

そして一度貸してしまうと最後、主導権は詐欺師が握ります。後10万あれば後20万あればと、詐欺師はどんどん追加の借金を申し込んで来るのです。

ここからがみなさん不思議に思う「ナゼ追加で貸してしまうの?」

これは簡単に言えば始めに貸したお金に対する【執着】です。

お金を貸す側の心理として詐欺師から追加の借金を断ると、そもそも始めに貸したお金が戻ってこないのではないかと考えてしまいます。
株やFX、仮想通過、ギャンブル等と同じ心理となり次は返してもらえる、次こそは返してもらえると貸したお金に対する執着が大きくなってしまい気が付けば借金をしてまでも詐欺師にお金を渡してしまうのです。これは「コンコルド効果」と言う心理現象でわかっているけれど止められなくなってしまいます。
そして最終的にはお金を貸した側が「お願いします返してください。」と立場が弱くなってしまい自分では詐欺師を追い込む事すら出来なくなってしまうのです。
(勿論警察は民事不介入の原則により相手にしてはもらえません。)
詐欺師はこのような心理現象をたくみに使いお金を奪って行くのです。

●詐欺師に騙されないためには!

○貸す前に誰かに相談し自分だけの判断で貸さない。
○どうしても貸さないといけない場合はきちんと身元の確認及び、連帯保証人を用意させる。
○そしてお金を貸したことを誰かに話す。
○追加の借金の申込みはきっぱりと断る。

※大原則としてお金を貸してもなにもいいことはありません、断るとその場で気まずい空気になってもお金は貸さない事!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)