【北九州 探偵】”DV” 配偶者からの暴力!もう我慢するのは終わりにしませんか?

みなさんこんにちは、北九州市の探偵事務所【総合探偵社レオ】です。

DV(ドメスティック・バイオレンス)直訳すると”家庭内暴力”です。圧倒的に多いのは夫から妻への暴力ですが、最近では夫が被害にあっているケースもみられます。

「法は家庭に入らず」の立場から積極的に行政は関与してきませんでしたが、家庭内のことで外からは被害の実態が見えにくいと言う特殊なことから2001年に「DV防止法」が制定されました。しかしこの法律が制定されても内容がよくわからずに実際殆どのDV被害者は我慢を余儀なくされています。それゆえ俗に言う「亭主関白」や「カカア殿下」自己中心的な加害者の行為はどんどんエスカレートしていき被害者の人権は無視しされ、ペット以下まるで物のように扱われている方もおられます。

近年当社にDVの問い合わせが増加しています。そこで参考までにDVとみなされる具体的内容、被害者と加害者の特徴と私なりのDV対策を説明させて頂きます。

DVといえば殴る、蹴るといった”身体的暴力”がまず思いつきますが他にもあります。

言葉の暴力によるPTSD(外傷後ストレス障害)”精神的暴力”

生活費を渡さないのに働くことを許さない等、経済的に困らせる”経済的暴力”

配偶者に束縛され交友関係や電話を細かく監視し社会的に孤立させてしまう”社会的暴力”

セックスを強要する、避妊に協力しない、中絶を強要する等の性的な事を強要したり抑圧する”性的暴力”

子供の前で暴力を見せる、子供を取り上げる、子供を利用して追い込む”子供を利用した暴力”

このような行為があれば保護を求める事が出来ますので地方公共団体に設けられている相談窓口に相談してください

そして加害者の特徴です。 基本的に加害者はDVしていると言う認識はありません。殴る、蹴るの暴力を振るっても当たり前すぎて罪悪感があまりありません。それに少し押した程度等暴力を過小評価してしまいそもそも暴力自体無かった事にもします。特にひどいのは「お前が悪い!」と暴力を配偶者のせいにしてしまいます。このようにDV加害者の多くは自己中心的な人間性を持っているのが特徴です。

次に被害者の特徴です。DV被害者で一番多い方は専業主婦、生活面で配偶者に依存している方です。この方は配偶者に逆らうと生活基盤を失うため加害者の言いなりになってしまいます。他にはなぜか暴力を受けても自分が悪いと思ってしまう方や世間体が悪く見られるのが嫌でDV被害を隠してしまう方。最も危険なケースですが長い間DVを受け続け絶望感・無力感によって感情が麻痺してしまう方。このように気の弱い方が被害者になるのが特徴です。

最後に気なるのがDV対策ですが、ケースによって異なるため一概には言えません。しかし100%言えることは誰かに相談する事です。絶対に我慢しようとしてはいけません!親や友人、会社の同僚、当社でもかまいませんし地方公共団体の相談窓口でもかまいません、誰かに話し解決策を考えるのです。DV加害者が落ち着くのを待つなんて事はNG、逆にどんどんエスカレートしていきますよ。「もしかして自分はDVにあっているかも」と思った方は悩まずに速めの相談をお勧めします。

一度きりの人生、人の顔色を伺って我慢しながら生きていくのはもったいないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)